貸し農園の条件や利用メリット~自給自足ライフ~

花

利用する条件

花

自分で農業をしたいために貸し農園を利用するには、条件があるので事前に確認しておくことが大切になります。また募集をかけている時期が数回しかないんで常に確認しておくことが大切です。

View Detail

小さな面積大きな満足

園芸用品

貸し農園を利用して農業を行なうことが出来ますが、すくすくを育ち、すぐに食べられるようになります。自分で作った野菜は格別の味なので、野菜を育てたいを思っている方は貸し農園を利用しましょう。

View Detail

交通が便利

芝生

貸し農園で人気があるのが交通が便利なことです。どの農園でも通いやすい農園がとても人気があります。定期的に通える貸し農園を見つけるといいでしょう。しっかりと調べておきましょう。

View Detail

野菜を育てて食べる

庭

ベランダの小さなプランタでミニトマトを作っていると、ああ、自然っていいなあ、と思います。自分で野菜を作って、野菜を育てて、取れた野菜を食べて生活する。そんな暮らしに、あこがれがあります。でも、きっとそれはあこがれで終わらせなければ、大変なのだろうという思いもあります。実際に、田舎暮らしにあこがれて老後に田舎に引越したはいいものの、生活が不便になりすぎてすぐ都会に戻ってきた、という話もよく耳にします。畑で野菜を作って、自分の力だけで自分を養うというのは、やはりあこがれでしかないのでしょうね……。
でも、小さなプランタではなく、せめてわずかな畑でも持ちたい。畑を耕して、自分が食べるための野菜を作りたい。その思いは日に日に増して行きました。田舎で生活するのは難しくても、畑を借りることくらいは、都会に住んでいてもできるのではないか……。そう思って探したところ、貸し農園をやっているところが、都会にもあったんです。
貸し農園、あるいは市民農園とも言います。それは、文字通り、農園を貸してくれる、畑を貸してくれる、そんなサービスのことです。貸し農園自体は日本ではかなり昔から行われていて、うちの祖父の家も、畑ではなく田んぼでしたが、人に貸してそこで採れたお米を少しわけてもらっていました。祖父の家は田舎だったからこそできるサービスなのだろうと思っていたのですが、現在では都会部でも行われていて、レクリエーションとしても人気があるのだとか。
小さなプランタで我慢するより、自分でまかなえる程度の広さの畑を借りられる貸し農園にいったほうがいい。わくわくしながら、私は貸し農園を利用させてもらいにいきました。